• 不動産売却の売り止めとは

    不動産売却にあたっては、参考のために他の類似物件の売却情報を事前にインターネットなどで確認することは有効といえます。そうしたなかでよく見られるのが、タイトルや備考欄などに売り止めという表現が用いられた不動産物件です。売り止めというのは、不動産売却に関する情報は公開されているのにもかかわらず、実際には販売を一時的に中断している状態の物件のことを指すことばです。この場合の公開というのは、全国ネットの不動産売却情報のシステムであるレインズに登録されているものと考えてもよいでしょう。
    こうした売り止めがなぜ発生するのかですが、一般には売主に突発的な事情ができて不動産売却を見合わせたいという場合、不動産売却をしなくてもお金の工面ができそうなので様子見をしているという場合、公開から長期間経過しても売れそうにないので今後の対応を検討している場合などが、その理由として挙げられます。
    ただし、一部の不動産会社では、この売り止めを不適切に取り扱っている可能性もあるといわれていますので、売主としては注意はしておいたほうがよいといえます。たとえば、すぐにでも買主が見つかりそうな優良物件であれば、レインズに売却情報を掲載せずに、不動産会社が独自の販売ルートで顧客を見つけてきたほうが、売主と買主の両方からの仲介手数料収入が得られますので、それだけ不動産会社にとっては有利になります。ところが、不動産仲介業務のなかでも、専任媒介契約などの形態で売主と契約している場合には、レインズに掲載することが法令上の義務となっていますので、とりあえず掲載して法令を守りながら、一方で売り止めによって他の不動産会社からの照会には応じず、物件を独占するわけです。

  • 不動産売却の値下げについて

    不動産売却では、高い確率で値下げ交渉がされるようです。これは買主にとってメリットがあるもののように思えますが、実は売主にもメリットがあることがあります。不動産売却では、プロが出してくれた相場価格とは別で、自分が売りたいという希望価格、そしてこれ以上は値段が下げられないという最低価格について考えていると思われます。家を売りに出すとき、交渉があることを前提に、相場価格や希望価格よりもやや高めの値段で売りに出しているケースも多いですが、この場合には交渉された金額が相場価格や希望価格を上回っているなら、問題なく応じることができます。

    建物の場合には、経年劣化の問題がありますので、いつまでも家が売れないままですと、どんどん価値が下がっていくという問題を抱えています。例えば、築年数9年から10年になってしまうポイントなどでは、大きく価値が下がってしまうこともあります。

    最低価格というのは、住宅ローンの残高よりも下回ってしまうというような、ギリギリの価格ですので、ここまで価格を落とすことは難しいでしょう。そして、この価格でも売れないのであれば、売却そのものを見直す必要があります。

    購入希望者から値下げ交渉をされることが前提で価格を設定することはおすすめできますが、あまり高すぎる値段を設定してしまうと、そもそも購入を考える人が現れないかもしれません。値下げ交渉の相場は100万円~200万円ですので、上乗せするとしてもその金額までにしておくべきでしょう。
    http://xn--u9j576hryd46ci0r9lk.net/

  • お試ししとけば安心です♪

    部分脱毛はよそのサロンで経験していたけれど、全身脱毛は「銀座カラーの全身脱毛」が初めてでした。広告を見て、割安だなと感じてまずはカウンセリングを受けてみようと申し込みました。全身脱毛の300円体験キャンペーンもしていたので(当時)、お試しもできるから「これはイイ!」と思いました。カウンセリングだけだと分からないことが多いし、全身なのでいざ契約して施術してみた後、何か肌にトラブルとかあっても困るし。クーリングオフとかがすぐできるといっても、その手続きは面倒だから、受けてから考えられるのは良かったなぁと思います。web予約はとてもカンタンで、いきたい店舗を選んで、いきたい日にちを指定するだけだった気がします。すぐ試したかったので、予約が取りにくかったら嫌だなーと思っていたら、平日だと空いている時間が結構あったので、すぐ予約することができました。
    カウンセリングは個室ではなく、待合みたいなオープンスペースで行われたのでちょっとびっくりしましたが、女性ばかりだしそんなに気にはなりませんでした。「お肌にいいハーブティーなんですよ」とスタッフさんが出してくださって、サービスがいいなぁと感じました。こういう気遣いって、女性にはうれしいですよね。説明では「銀座カラーの脱毛は光を使って毛根にダメージを与える方法なので、多少を痛みを感じることがあります」と言われました。「よそでされていた時は痛みに対してはどうでしたか?」と聞かれたので、「ワキとかビキニラインとか太い毛のあるところはちょっと痛かったです」と話をしました。痛みについての話がちょっと長かったので、他よりも痛いのかなと少し不安になったけど、お試しができるのでそこで決めればいいやと思えたのでよかったです。結局、お試しで全身してみてもそんなに強い痛みを感じなかったし、肌トラブルもなかったので通い始めました。2回目くらいで少し薄くなってきたかなーと感じられるくらい効果を実感しています。
    コピペチェックをする

  • カードローンの審査に落ちたらまずは希望する額面を見直す

    カードローンや、キャシングの審査に落ちてしまった時に、何が問題だったかわからないというケースは珍しくありません。
    定職についていて安定した収入があり、大きな借金があるわけでもないのになぜ融資を受けることができなかったのだろうかと疑問に思ってしまうものですが、そのような時には希望する額面が大きかったということが原因になっていることも少なくないものです。

    借りるか借りないは別として借りることができる限度は大きいほど便利かもしれないと安易な理由で、大きな金額を希望するという人も少なくないのですが、そのようなやり方というのは無駄に審査を通りづらくしてしまう原因となるので気をつけなければなりません。
    5万円が必要なところをとりあえず100万円まで借りることができるようにしておこうと申しこめば、その分厳しくなってしまうのは当然のことなのです。

    確かに借り入れできる上限金額が大きければいざというときに役に立つこともありますが、それはいざというときに何とかすれば良いだけの話でカードローンを利用しようと考えている時にはその時必要なだけの金額を申し込むことが鉄則です。
    下手に大金を借りることができるようになってしまうと、結局無駄にお金を使って後で苦しくなってしまうということも多いものですから、必要最低限度の金額で申し込むことが大切です。
    必要以上の金額を申しこめば、審査も厳しくなり融資を受けることができなくなってしまうこともあるので、必要は分だけ申し込むようにしてそれでも駄目なら更に希望する金額を見直しましょう。

  • カードローンの審査って何をするの?

    カードローンの審査に一度落ちると、また申し込もうという気持ちになかなかなれないものですよね。お金がどうしても必要なときに、カードローンを申し込んでいるのに、審査に落ちると八方塞がりのような気分になってしまいます。カードローン 評判を見てみると、そのような相談が多数ありますね。

    審査をしてここが原因であなたはカードローンの契約をすることができません、とはっきり言われることはありませんから余計にどうすればいいのかと思ってしまいますよね。

    カードローンの審査とは、一体何をしているのでしょうか?これは、借り入れを希望している人がきちんと返済を滞りなくできる人物であるのかどうかということを見極めているものなのです。返済がきちんとできるのかどうか、ということはその人の職業やその収入、そしてどういう人物なのかという判断材料として勤続年数や住居の状態、などを総合的に判断するものです。

    そして何よりも肝心なのが、かつて借り入れをしたことがあるのかどうか、そしてその借り入れをきちんと遅れることなく返済したのかどうか、いま現在、他で借り入れはしていないのか、といったことの確認です。これはどこの会社ならば、これぐらいだから大丈夫、ということはまったく明確になっていません。

    たくさん借り入れをしているからもう借り入れできない、ということばかりでもなく、例えばたくさんの借り入れをひとつにまとめることができれば、それが信用につながり他の会社の審査を通過した、というケースもあるのです。